HOME映画

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


南米の映画

悲しみのミルク|ペルー映画


ペルー映画って見たことないかも。
© Courtesy of Wanda Vision

ペルー映画って見たことないかも。

09年ベルリン国際映画祭 金熊賞・国際批評家連盟賞 ダブル受賞、10年アカデミー賞外国語映画賞ノミネート『悲しみのミルク』劇場予告編­。2011年4月よりユーロスペース、川崎市アートセンターにてロードショー、他全国­順次公開。母乳を通して母の恐怖と苦しみを受け継いだと信じて、一人で外を歩くことも­出来ないファウスタの、堅く閉ざされた心が、かすかに熱をおびていくさまを寡黙に、し­かし鮮やかに描き出す。

(つづき)

180° SOUTH|ワンエイティー・サウス


パタゴニア社が「そろそろやばいよ〜」と言っている映画でした。
Copyright © 2009 180° SOUTH LLC. All rights reserved.

パタゴニア社が「そろそろやばいよ〜」と言っている映画でした。

公開1週前の金曜日に試写会で見てきましたよ。

(つづき)

アイルトン・セナ 〜音速の彼方へ|ブラジル映画


ブラジルの国民的英雄。
photo by © HOSOI Toshiya

ブラジルの国民的英雄。

10.8(金) よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー。あれからもう16年も経ったんだねー。

(つづき)

瞳の奥の秘密|アルゼンチン映画


原題に忠実な邦題ですな
Copyright © 2010 longride. All rights reserved.

原題に忠実な邦題ですな

第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品。判事補佐の職を引退した男は25年前に起きた新妻暴行・殺害事件を小説に書き始めるが......。

(つづき)

Cadência|Nike社によるブラジリアンフットボールムービー


おもしろげです。
© Bantam Films

おもしろげです。

Cadênciaとはポルトガル語で「律動的な流れ、リズム」の意。Nike Sportswearによるブラジリアンフットボールのドキュメンタリー映画が今夏に公開のようです。(日本公開についてはわかりません。。)

(つづき)

アマゾンのチェルノブイリ|CRUDE(原油)


日本初公開!
© CRUDE: A Joe Berlinger Film

日本初公開!

「松嶋× @TomoMachi 未公開映画を観るTV」で以前本サイトで紹介した「CRUDE」が日本初公開されるようです。

(つづき)

ブラジル映画|わたしは幸せ ~I am happy~ 上映会+監督トークショーに行ってきました


監督は滝川クリステルを26歳にした、みたいな美人さんです
© Soraya Umewaka, All Rights Reserved.

監督は滝川クリステルを26歳にした、みたいな美人さんです

見てきました、土曜日に。お花見のあとで行ってきたのでほろ酔いでした。前半の数シーン、うつらうつらとしてしまいました。ごめんなさい!

(つづき)

ブラジル映画|ジンガ GiNGA The soul of brasilian football


サッカー大国たる所以です!
© 2005 by Nike Inc, All rights reserved.

サッカー大国たる所以です!

恥ずかしながら初めて見ました。見ていて思ったのは「こりゃブラジル、サッカー強いわ」ということ。リオデジャネイロ最大のファヴェーラ(スラム)、ホシーニャで敵なしのサッカー少年に親、親戚が100%の信頼と期待をかける。それに応えようとする少年とそれでも上には上がいる現実にブラジルの底力を感じました。

(つづき)

ブラジル映画 | ビハインド・ザ・サン


イケメンですよ〜!

イケメンですよ〜!

ブラジル、リオデジャネイロ出身のウォルター・サレス監督による作品。ちょっといかれたババアと孤独な少年を描いてベルリン映画祭金熊賞と主演女優賞を受賞した『セントラル・ステーション』と若き日のゲバラを描いた『モーターサイクル・ダイアリーズ』の間に撮った作品です。

(つづき)

ブラジル映画『わたしは幸せ~I am happy~』上映会 + 監督トーク!


入場無料、要予約!

入場無料、要予約!

グラフィティ・アートで生計を立てようとする若者、苦しみを歌に込めて人に伝えようとするサンバ・ミュージシャン、毎朝丘の上のスラムから、街の南にある裕福な家で働く家事使用人、装備もなく、スラムの犯罪に立ち向かう警察、厳しい経済状況と社会的困難を抱えながらも幸せを得ようとする人々。喜びこそが彼らの生活の唯一の鍵なのだ。

(つづき)



● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ