HOME南米のイベント第30回浅草サンバカーニバル

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


第30回浅草サンバカーニバル


あじの開き担当の人。
photo by © HOSOI Toshiya

あじの開き担当の人。

気にはなっていた謎の祝祭、浅草サンバカーニバル行ってきました!

サンバカーニバルで一般的に思い浮かぶムチムチした写真群は以下のサイトから。

時事ドットコム:第30回浅草サンバカーニバル 写真特集

さて。
刺すような日差しの浅草雷門通りは両道路脇に5重、6重の人垣が出来てものすごい人混みです。外国の人がみんなブラジル人に見えます。
「どんだけシュールなもの見れるかなー」と楽しみにしてたら、やっぱり良い感じにシュールです。

R0010463.jpg
photo by © HOSOI Toshiya

商店街に突如現れるエジプト的な造形物のあとに、

R0010472.jpg
photo by © HOSOI Toshiya

朝食的なものが続きます。コーヒーカップにウインナー。目玉焼きにあじの開き、味噌汁的な。あじの開き以外は満面の笑みでみんな楽しそうです。で、いわゆるムチムチした人たちが現れるのですがこちらとしては一貫したテーマを探りに掛かっちゃうんですねー。何か意味があるはずだと。サインを見逃してはいけないとじっくり見るのですがムチムチした人たちがドラッグクイーンに見えてくるんですね。あれ?これは女装趣味の人たちが良い感じに地域に根ざしていて、エジプトの朝食が、、みたいに完全にテーマを見誤ってしまうんです。

R0010479.jpg
photo by © HOSOI Toshiya

その後は楽団が続く感じです。サンバのリズムです。

R0010480.jpg
photo by © HOSOI Toshiya

列の後ろにいる人ほど写真撮影に囚われています。

R0010485.jpg
photo by © HOSOI Toshiya

雷門通りの終わりがゴールになっており、この地点に来るとみんな良い笑顔です。達成感を漂わせていて、これは見るより踊る方が面白いなと思わせるものです。公式発表によると16チーム約4200人が参加したそうです。夏の祭りです!

浅草サンバカーニバル公式ページ

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ