HOME南米のデザイン・アート/南米の総合コルコバードの丘のキリスト像に落書き

広告: Amazon File‐アマゾンファイル


コルコバードの丘のキリスト像に落書き


鬼の居ぬ間に洗濯?

鬼の居ぬ間に洗濯?

足場が組まれてたのね。じゃなきゃ無理だよな〜

15607332.jpg

ブラジル・リオデジャネイロの街並みを一望する世界的観光名所コルコバードの丘に立つ巨大キリスト像が、黒いスプレーで落書きされた。

16日付地元紙グロボなどによると、像の顔や腕にポルトガル語で「鬼の居ぬ間に洗濯」を意味する言葉などが落書きされていた。犯行の動機や背景は不明。

標高710メートルの急峻(きゅうしゅん)な丘の上に立つ高さ38メートルのキリスト像は、4年後のサッカー・ワールドカップ開催を前に修復中。周囲は足場が組まれていた上、豪雨の影響で立ち入りが禁止されていた。

via リオのキリスト像受難...不届き者が顔に落書き
via Vandals Scrawl Graffiti On Rio's Christ

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ