HOME南米のフットボール/南米の南米旅行南米諸国の日系人との結び付きを

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


南米諸国の日系人との結び付きを


世界最大規模の日本人街、リベルダージ
photo by © HOSOI Toshiya

世界最大規模の日本人街、リベルダージ

「世界一蹴の旅」を敢行しているLiberoのヨモケンさんがITmedia エグゼクティブに寄稿したコラムです。

 サッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会まで約2カ月となり、国内外のメディアでも徐々にW杯ニュースの扱いが大きくなってきている。そんな中、 W杯を出場する32カ国を巡る「世界一蹴の旅」では、ワールドカップイヤーの今年に入ってから2カ月にわたり、南米の出場5カ国(チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル)を訪問してきた。

via 南米諸国の日系人との結び付きを (1/2):「世界一蹴の旅」からすべて教わった

 そこでBRICsの一角であるブラジルについて考えてみる。ここには、多くの日系同胞がたくさんいる。今後、2014年のワールドカップ、2016年のオリンピックを控え、ブラジルが国際的に注目を集めるほか、世界的な食糧危機に直面し農業が注目を浴びている中で、ブラジルの存在感は大きく、今後の成長余地は大いに期待できる。経済産業省のレポートにもあるように、今後の日本経済の発展には、日本企業のさらなる海外進出、特に新興国への進出が必要不可欠であるため、ブラジルとの結び付きを強めていくことが望まれる。

via 南米諸国の日系人との結び付きを (2/2):「世界一蹴の旅」からすべて教わった

自分が本サイトを運営するに当たって社内プレゼンした内容がほぼほぼこんな感じw
日本人、BRICsの中ではブラジルと一番仲良くできそうです。

記事にある田中マルクス闘莉王選手は高校が同じで、僕の学年にもブラジル人がふたりいました。高校3年間同じクラスで仲良しでしたが今思えばブラジル好きはここから始まってるな、と。

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ