HOME南米のフットボール世界の恋人、ラリッサ・リケルメ

広告: BIZEN中南米美術館‐LatinAmerica.jp


世界の恋人、ラリッサ・リケルメ


先生、これが挟まってました。
Copyright ©2010 Nokia. All rights reserved.

先生、これが挟まってました。

今週末いよいよパラグアイ代表との親善試合があります。あの悔しい幕切れから2ヶ月。。
日本中が悔しい思いをした『6.29』南アフリカ決戦が思い起こされます、、

パラグアイ・・
パラグアイといえばW杯、女子の部MVPラリッサ・リケルメ嬢も思い起こされます。

via 時事ドットコム:W杯過激サポーター・写真特集

グループ F第一戦、イタリアvsパラグアイ。
彼女のファーストシュートにキーパー(←おれ)一歩も動けませんでした。乳輪が出てても南米ではオフサイドではないのか!?と思いました。一般的に見て南米では乳輪が出ててもオフサイドではないんだなーと思いました。

(今夏、ひょっとしたら日本でも流行るかなーと思いましたがさすがは大和撫子。流行りませんでした。)

ラリッサ・リケルメ嬢が素人ではなく、タレントさんでNokiaとAXEの広告塔であったということが、決勝リーグが始まる頃には日本にも伝わってきました。

彼女はパラグアイだけでなく、スペインやブラジルでも有名なモデルで、胸に挟んでいる携帯電話会社から依頼されて、イタリア対パラグアイ戦からパブリック・ビューイングに文字通り広告塔として起用されているようです。そのためパラグアイ戦前から彼女がグラビア雑誌でパブリック・ビューイングに参加することが告知され、それがきっかけでかなりのサポーターが集まったところもあるようです。

via ニテンイチリュウ : ラリッサ・リケルメというメディア

お宅訪問みたいなほのぼのテレビ番組にも出ています。

今回のワールドカップではビールメーカーがスタジアムに広告塔(美女軍団)を送り込んで問題になっていました。逮捕されたりしてましたがパブリックビューイングに送り込んだNokiaに軍配が上がりましたね。ラリッサ嬢は『La Novia Del Mundial(世界の恋人)』なんて称号をもらって一躍世界的な有名人になりました。

2014年には各国の広告代理店がこぞってこんな企画を考えるのでしょう。日本の代理店も今回のパラグアイ戦に合わせてラリッサ嬢を連れてくれば良いのに!

話は脱線しましたが。がんばれニッポン代表!土曜日は応援行きます!!

posted by: トシ★細井

南米情報をお寄せください。編集員も募集しています。


● アグイジェ.netにカンパ

関連記事


トラックバック

コメントくださいな
● 名前
● Eメール
● URL
● コメント
● キャッシュ


● サイトマップ_南米情報


このページのトップへ